先日、ファーストサイン の受講生様の元へお伺いしてきました。


ファーストサインを育児に活かすために資格を取りたい!
我が子とのコミュニケーションの1つとして学びたい!

そう感じてくださって、学びをスタートされた受講生様。




プレ教室を終えてフィードバック。


そのプレ教室は3回開催するのですが、1回目より2回目、2回目より3回目、と、毎回受講生様の気持ちの変化が見られると共に、それに応じるように、ご参加くださった「ママの変化」も見られました。



タイトルにも書きましたが「実はほとんどのママができてない」こと。

それがプレ教室中に、参加くださったママが「自然とできる」ようになっていました。



ほとんどのママができてないこと、それは・・・


視線を捉える


ということ。



ママたち、赤ちゃんに一方的にママの気持ちを伝えようとしていませんか?

例えば日常の中で
「わー!それ触ったらだめよ〜!」
「それ、ママのだからちょうだい」
「ご飯食べようか〜」

などなど
ママの気持ちを赤ちゃんに伝えたい時ってたくさんありますよね?


そんな時、ママは自分の気持ちを赤ちゃんに投げかけるだけで「聞いてもらう環境」を作れていない方が大半なのです。


気持ちがママの方に向いていない時に、ママからいくら自分の気持ちを伝えられても、赤ちゃんは見向きもしないし、耳に入ってきていません!


そうなると「なんで伝わらないの!」って悪循環を生みます。


では、赤ちゃんがママの言葉を聞いてくれる環境とは・・・??


とても簡単なこと!!!
それが「視線を捉える」ということなのです。


視線を捉えるのも簡単♡


ママの優しい高めの声で、赤ちゃんのお名前を呼んであげてくださいね♡


「◯◯ちゃん」とお名前を呼んで視線を捉えたら
ママの気持ちをゆっくりな話し方で伝えてみてください。



赤ちゃんはじっと、ママの表情を見たり、口元を見たり、目を見たり、手の動きを見たりしてくれます。



視線を捉えることができたら、ママの表情・声のトーン・手のサインでママの気持ちを伝えてみてくださいね!



それで、ファーストサインの完成です!


伝える時にママが赤ちゃんの視線を捉えてから伝え始めると、赤ちゃん自身「ママは私のことをちゃんと見てくれてる」って感じるようになります。


大人でも、目を見て話す人とそうではない人だと、目を見て話してくれる人の方が安心しますよね。


赤ちゃんも大人も同じです。


コミュニケーションの第一歩として、「聞いて欲しいなら視線を捉える」「伝えたい気持ちは目を見て伝える」


赤ちゃんに気持ちを伝える時の鉄則です!



これで、赤ちゃんとのコミュニケーションの第一歩を、楽しんでみてくださいね♡



ファーストサイン(お喋り前の赤ちゃんとママとの、気持ちを伝え合うコミュニケーション方法です)についてもっと詳しく知りたい方はホームページをご覧くさいね!
ファーストサインについて書いてあるページです。
↓
http://www.babym-berceuse.com/firstsign/



今、資格のお問い合わせも増えています。

我が子のために親子コミュニケーションを学びたい!というママ大歓迎。
年内の資格の募集はあと4組様までとさせていただきます。


お問い合わせはLINEからどうぞ♡



友だち追加