ベビーマッサージの先生であり、ママフォトグラファーとしても活動しております。
そんな私、先日フォトグラファーとしての学びの場である【MPAアカデミー】に参加してきました。


一人で考えていてもモヤモヤすることがありますが、こういう学びの場に来ると、たくさんの方の意見が聞けて、刺激になって、「こんな方法もあるんだ!!」と硬い頭が柔らかくなったりと、本当にメリットがたくさんあるのです。


アカデミーでは、室内で撮影する際のポイントを踏まえて、とにかく実践!実践!


モデルになってみたり、撮影してみたり、撮影する様子を見て学んだり
あーもー本当にいい刺激になりました。


言葉では言い表せない。



こちらは、私がモデルになった時。
ふんふん、笑顔♡
実は、私は撮影するのは大好きですが、撮られるのはほんっとうに慣れてなくて苦手なのです。

どんな顔してたらいい?
笑ってとか言われても引きつってピクピクする。笑
どんな風に立ってればいい?
もう、ガチガチのロボットのようです。笑


だけど、ママフォトグラファー協会のフォトグラファーたちは、みんなママ♡

これ、実はすごく強みです。

だって、カメラを学ぶと同時に「コミュニケーション」のことも学ぶから。

ママ目線で伝えられることがある。
ママ目線で気にしてあげられることがある。

だから、ポージングや表情など、作りすぎないありのままのその人の魅力を引き出すコミュニケーションを心がけながら撮影しています。


フォトグラファーの人柄が写真に出るのは、きっとフォトグラファーがコミュニケーションを丁寧にとりながら撮影することで、モデルさんがその人に身を任せているからなんだと思います。



こちらは大好きなお仲間「あや先生」に撮影していただいたもの。
この人なら大丈夫という安心感が、この表情を出してくれました。

撮られ慣れてないけど、ママフォトグラファーだから引き出せる表情がある。

それが、この、作りすぎない・飾りすぎない・自分らしさが好きと思わせてくれる1枚です。


そして、私も撮影する側に。 こんな写真が撮りたい
から始まり、じゃ光は?モデルさんはどこにいてもらう?
どんな風にしてもらう?
どんな風にコミュニケーションをとる?
って考えながら撮影して、もっとこうしてみたら、良くなったかな?と思えば
また実践してみるの繰り返し。

そうして撮れた写真たちは、思い入れが強くなるんですよね♡


フォトグラファーだけが一方的に決めて撮るわけではなく、モデルさんと作り上げる写真だから。


相手が赤ちゃんであっても、ママであっても、コミュニケーションを取りながら進めていくので、それが本当に楽しいのです。



それから、見学側になった時、この人はこうやってコミュニケーションを取るんだ〜とか、こんな風に環境を設定するんだ〜と、私では考えなかった案がどんどん出てきて、なるほどの連続。 撮って、撮られて、第三者として見る。

大事なことを沢山学びなおしました。


これでまた、撮影が楽しくなる♬
撮影させてくださった皆様、撮影してくださった皆様、アドバイスくださった皆様、ありがとうございました。
仲間がいるって、心強いし、刺激になるから、こういう場が常にあるのはありがたい。


【フォトグラファーとしての活動について】
★モニター募集
ニューボーンフォト▶︎生後28日までの赤ちゃんが対象
モニター価格5000円+交通費出お伺いします。
データはカメラマンチョイスでミスショット以外お渡し。

★通常撮影
ハーフバースデーや1歳バースデーフォト
お宮参りや七五三など同行撮影

ご予約はLINEまたはお問い合わせフォームからどうぞ。